International Center for Environmental
Management of Enclosed Coastal Seas
公益財団法人 国際エメックスセンター

  • 出版物
  • ニュースレター

Home » エメックス会議 » 第11回エメックス会議

第11回エメックス会議

ロゴ
会議名称
EMECS 11-Sea Coasts XXVIジョイント会議
テーマ
変動する世界における沿岸域・コミュニティのリスクマネジメント
開催日程
2016年8月22日(月)~27日(土)
開催場所
ロシア・サンクトペテルブルク
会場
アジムットホテル、ロシア国立水文気象大学、A.P.カルピンスキー地質調査研究所
主催
公益財団法人国際エメックスセンター、ロシア科学アカデミー世界海洋ワーキンググループ(Sea Coasts)
集合写真

会議の概要

基調講演

(公財)国際エメックスセンターでは、第11回世界閉鎖性海域環境保全会議(EMECS11)を、ロシア連邦・サンクトペテルブルクにおいて、ロシア科学アカデミー世界海洋ワーキンググループ(Sea Coasts)とのジョイント会議として開催しました。
会議は、「変動する世界における沿岸域・コミュニティのリスクマネジメント」をテーマとしており、世界21カ国から365名の研究者などが参加しました。
日本からは金澤和夫兵庫県副知事、(公財)国際エメックスセンター鈴木基之会長、兵庫県議会の訪問団(団長:藤本百男副議長)をはじめ、閉鎖性海域の環境に関する研究者など約80名が参加しました。 会議では、開会式及び全体セッションに引き続き、「ICMと里海特別セッション」や3会場にわかれての分科会、「青少年環境教育交流(SSP)セッション」が行われ、130の口頭発表と116のポスター発表が行われました。
閉会式においては、「サンクトペテルブルク宣言」と「青少年環境教育交流(SSP)宣言」が採択されるとともに、次回の第12回エメックス会議は、2018年にタイ王国・パタヤで開催されることがアナウンスされました。
この他、8月25日午後には、シティーツアーが、また、最終日の8月27日には洪水防御ダムなどを見学するテクニカルツアーが開催されました。

関連情報