English

環境省環境研究総合推進費S-13 持続可能な沿岸海域実現を目指した沿岸海域管理手法の開発環境省環境研究総合推進費S-13 持続可能な沿岸海域実現を目指した沿岸海域管理手法の開発

Home » 研究内容 » テーマ1(課題番号S-13-1)閉鎖性海域・瀬戸内海における栄養塩濃度管理法の開発

テーマ1(課題番号S-13-1)閉鎖性海域・瀬戸内海における栄養塩濃度管理法の開発

概要

瀬戸内海の水質管理を現在の一律管理から地政学的・社会的な特性および季節的な変動を考慮した湾灘管理に発展させるとともに、栄養塩管理と生物生息環境の保全・再生を通じて赤潮等の障害を起こさない健全な物質循環と高い生物生産性の実現を目標とした持続性の高い沿岸管理手法を開発する。

リ-ダー 西嶋 渉(広島大学環境安全センター教授)  

サブテーマ1 栄養塩濃度管理法開発

平成26~27年度実績

(1)研究対象海域を絞り、調査地点・手法・項目等の問題点の抽出、改善などの検証を行いながら、栄養塩および植物・動物プランクトンやイカナゴ・カタクチイワシ等プランクトン食性魚などの生物調査を行い、水質と生物の実態把握を行った。また、透明度と光減衰調査を行い、各水域の数値モデルの基本フレームを作成した。研究対象海域を拡げて栄養塩および生物調査を行い、水質と生物の実態把握を行うと同時に、広島湾においては生態系構造の解析を進めた。光減衰要因については湾灘における差異と季節による変化を明らかにした。

平成28年度計画

(1)蓄積データ、およびその継続調査から各湾灘における転送効率に基づく生態系構造の解析を行うと共に、イカナゴの産卵場所の特定と産卵場所の環境状況を明らかにし、瀬戸内海の生態系全体にとって重要な位置を占める魚種の資源量および再生産の現状を明らかにする。

実施機関 国立大学法人広島大学
リ-ダー 西嶋 渉(広島大学環境安全センター教授)  

サブテーマ2 干潟・藻場の栄養物質循環・生物再生産に果たす機能の解明

平成26~27年度実績

(2)干潟・藻場において、栄養分となる物質の収支を推算するための栄養塩濃度測定、付着藻類等の基礎データの収集を行った。干潟・藻場については面的な評価により地盤高等による機能の違いを調査した。

平成28年度計画

(2)引き続き、年間を通じた観測や潮汐中の連続観測を計測する。アマモ場については炭酸等に加え、光環境の調査も行い、一次生産活性を定量的に評価する。干潟では海水中の栄養塩および炭酸濃度を経時的に行い、干潟表面の付着藻類量の面的分布データを取得する。

実施機関 国立大学法人香川大学
リ-ダー 多田 邦尚(香川大学農学部教授)