閉鎖性海域の環境の保全と適正な利用をめざして 公益財団法人 国際エメックスセンター

Home » 普及啓発・人材育成 » SSP青少年国際環境教育セッション

SSP青少年国際環境教育セッション

目的

海洋環境を含む地球規模や地域の環境課題が多くある中、次世代の環境保全活動を担う青少年への環境教育およびリーダー育成が世界的に重要視されています。

国際エメックスセンターが主催する「世界閉鎖性海域環境保全会議(エメックス会議)」においても、2003年(平成15年)11月タイ・バンコク市で開催された第6回会議以降、日本および海外の高校生等が参加する「青少年環境教育交流セッション」を開催し、海洋環境保全の研究活動報告、情報・意見交換等を行うことで学生同士や会議に参加している研究者等との交流を図り、国内外の海洋環境保全を学んでいます。

また、第7回エメックス会議からは、このセッションに参加した各国の学生等が若い世代から見た海洋環境保全の現状や、将来へ向けての取り組みについて意見交換した内容を自ら青少年環境教育交流セッション宣言としてとりまとめ、閉会式で発表しています。

当セッションに参加した学生の多くの方が海洋環境保全に携わる研究や仕事へ進んでいます。

募集情報 EMECS13

活動報告

参加者

参加会議 開催国 学校・学年・研究タイトル名
EMECS
13
イギリス/ハル

新型コロナウイルスにより、2021年8月に延期

EMECS
12
2018年
11月開催
タイ国/パタヤ

兵庫県立神戸商業高等学校 2年生
瀬戸内海の海岸に漂着するペットボトルの研究

広島県立広島国泰寺高等学校 2年生
マイクロプラスチックが生物に与える影響

EMECS
11
2016年
8月開催
ロシア連邦/サンクトペテルブルク市

兵庫県立尼崎小田高等学校 1年生
尼崎の海から瀬戸内海、そして世界へ~高校生環境ネットワーク作り~

山陽女子中学校・高等学校 2年生
瀬戸内海における森・川・海を結ぶ海底ごみの「つながる化」作戦

EMECS
10
2013年
10月開催
トルコ共和国/ムーラ県マルマリス

兵庫県立国際高等学校 1年生
尼崎の海・運河の環境改善から世界を変えたい

山陽女子中学校・高等学校 2年生
瀬戸内海における海底ごみ問題の「見える化」プロジェクト

EMECS
9
2011年
8月開催
アメリカ/メリーランド州ボルチモア市

山陽女子高等学校 3年生
よみがえれ!尼崎の青い海~大阪湾再生の取り組み~

兵庫県立尼崎小田高等学校 3年生
瀬戸内海における海底ゴミ問題の解決に向けての取り組み~海底ゴミの回収活動と啓発活動を通じて~

EMECS
8
2008年
10月開催
中国/上海市

九州大学総合理工学府 博士後期課程2年
A numerical ocean model approach available for horizontal scales from piers through bays

大阪府立大学大学院工学研究科 修士2回生
A Study on Estimation of Seaweed Bed Restoration Using Deep Ocean Water

EMECS
7
2006年
5月開催
フランス/カーン市

広島学院高等学校 2年生
水質汚染物質の除去に関する研究

兵庫県立農業高等学校 2年生
守れ!先人の財産~いなみ野ため池群世界遺産化計画~

EMECS
6
2003年
11月開催
タイ国/バンコク市

県立姫路工業大学附属高等学校 2年生
県立姫路工業大学附属高校 2年生
「姫路沿岸に生息するイボニシ貝の雌の雄化に関する研究」

県立明石西高校 1年生
県立明石西高等学校 1年生
「ため池について-播磨地域の潅漑用池-」

タイムスケジュール(EMECS12の場合)

2018年9月1日~ 参加学生募集
2019年2月28日募集締切
3月1日~23日第1次選考(書類)
3月27日第1次選考結果通知
4月~5月選考通過者、第2次選考準備
6月2日第2次審査(面接、発表)
6月11日最終選考結果通知
8月26日第1回発表指導会
9月29日第2回発表指導会
9月29日発表準備